pcの静音化に有効なパーツ

一般にpcに負荷がかかると、CPUや電源ユニットなどのパーツは非常に高温になりがちです。

高温になるとpcパーツは危険なので、ファンが温度を下げるために回転数を上げ激しく回り、風を送り始めます。パーツの温度を下げようと激しくまわるのは良いのですが、このときのファンの音は意外と大きな音になることもあるので、静かに作業を行いたい人にとっては悩みの種の一つです。pcから聞こえる音を改善するためには、いくつかの方法があります。ファンの音を少しでも静かにする方法としては、回転数を下げて摩擦音、風切り音、回転音などを少なくする方法があります。

パソコンケースにつけるファンの回転数はパソコンの静音化に大きく影響していていて、一般的に大きなファンだと回転数を下げても風量を保つことが出来るため、大きなファンにすることで風量と静音の両方を兼ね備えることが出来るようになるのです。電源にもファンがついているので、準ファンレスの電源ユニットにすることも静かなパソコンにつながります。その他のパソコンを静音化する方法に、パソコンケースから漏れる音を少なくする方法があります。

パソコンケースに使われているケースの強度や精度をあげて音漏れやビビリ音を減らすことで、ファンの音のみならずハードディスクから発生する音もかなり減らすことができるので有効な方法です。パソコンから発生する音の主な原因はハードディスクとファンが回転することで生じる音です。こういった音を少しでも小さくするためには、ファンやパソコンケースを静音化対策しているものにかえると効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *