ノートpcを買う際は、目的に応じてパーツを注目

ノートpcのパフォーマンスは、内部に使われるパーツによって変わります。

見た目の良さで製品を選ぶのも大事な視点ですが、快適に作業を進めたい方は、搭載されるパーツに注目して、気になる製品を比較検討しましょう。パーツ選びで最初に意識したいのが、CPUです。これが最重要な部品であり、目的に合わせて選ばなければいけません。3DCG制作やオンラインゲームのプレイを目的にするなら、お小遣いが許す限り、ハイエンドモデルを選びたいところです。

処理能力が低いとCGソフトやゲーム画面が快適に動作しないためです。一方で2Dのアニメイラストを制作したり、音楽の作曲や写真編集を行う目的であれば、いわゆるミドルクラスのCPUが適しています。ミドルクラスのノートpcは全体的に各パーツのバランスが整っており、製品選びで困ったら、平均的な価格帯の物がオススメです。文書作成ソフトや表計算ソフトを使う目的なら、CPUのモデルにあまりこだわる必要はありません。

家電量販店やネット通販サイトで、リーズナブルな価格帯で販売されているノートpcでも十分です。そういった作業ではメモリの量やCPUの能力は大きく必要としません。廉価版のCPUと4GBの容量でも問題はなく、費用対効果を優先して店頭で選んでも大丈夫です。OSとCPUは後で取り換える事が出来ません。メモリやHDDなどは増設が比較的簡単ですので、購入する際は、その時点で必要な容量の物を選んでOKです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *