pcのパーツ変更または増設によるパフォーマンス向上

Windows7の保守サポートが2020年1月14日に終了します。

保守サポートの終了日以降に、オペレーティングシステムの異常によるトラブル・故障が発生してしまうと、製品会社であるMicrosoft社による修理等はできなくなります。保守サポート終了に伴い、Windowsのアップグレードを検討されている方は多いと思いますが、アップグレードをすると、pcの処理速度が遅くなる等のパフォーマンス低下がよく起こります。

しかしこちらは、ストレージやメモリといったpcのパーツを変更または追加することで、回避することが可能です。パーツの変更や追加と聞くと、pcマニアやプロの方でないとできないイメージがあるかもしれませんが、ストレージやメモリといったパーツの入れ替えは初心者でも簡単にできますので、以下のとおりご紹介します。まずはメモリの増設です。メモリとは、実行中のプログラムやデータを一時的に記憶するための領域のことです。

この領域が広いほど、処理速度は向上します。通常のpcでは2~4GBのメモリがあらかじめ搭載されていますが、増設用メモリを追加することにより、8~12GBにすることが可能です。次に、ストレージの変更です。ストレージとは、データを保存するための記憶装置のことをいいます。

pcに内蔵されているストレージは、以前まではHDD(HardDiskDrive)と呼ばれる大容量データ保管に適したものが主流でしたが、現在では迅速な読み書きが可能なSSD(SolidStateDrive)を使用することが多くなっています。

HDDが搭載されている場合、SSDに変更することにより、処理速度の向上が期待できます。メモリは3、000~5、000円程度、SSDは10、000円前後で、Amazon等でも手に入れることが可能ですので、Windowsアップグレードのコストを可能な限り抑えたい方には特におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *