pcのBTOサービスを使えば高性能パーツを多く採用

近頃では沢山のパソコンユーザーがpcのBTOサービスを利用しています。

新しいpcをゲットする方法と言えば、駅前の家電量販店背でメーカー製の物を店頭で買う、というスタイルが一般的です。メーカー製pcのメリットは大手の家電メーカーが製造しているため、安心感があります。万全のサポート体制が用意されており、基本的なソフトウェアが予めインストールされているので、初心者の方には特にオススメです。ただ一方でスペックの割に、販売されている価格がややお高めです。

更に店頭で販売される既製品はパーツが予め決まっており、ユーザー側がカスタマイズが出来ません。後五千円高くなっても良いのでメモリを増設したい、高性能なグラフィックボードは不要なので反対に値段を下げてもらいたい等、個人の需要に合わせたスペック選びが出来ません。一方でBTOサービスはそれが可能です。細かくパーツ類をセレクトしながら自分の用途と予算に合わせて最高の一台を頼めます。

既製品をそのまま買うよりも、BTOサービスを利用した方が、コストパフォーマンスは大幅に良くなります。お金を掛けたいパーツにはコストを多く投じられ、反対に自分の環境には不要だと思った部分は大胆にコストカットさせられます。最初から無駄なソフトウェアや初心者向けのサポート機能が搭載されていないため、ソフト面でもコストが掛からず、同じ予算でもBTOのpcにすれば高性能パーツを多く採用出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *