pcパーツは冷却して使うことが重要

pcのパーツは負荷がかかって高温になってもある程度は耐えられるようになっています。

しかし、高温状態が長く続くとすぐに劣化して故障につながるので適切な冷却装置を使い、冷やすようにしましょう。ではどのような装置で冷却すればいいのかというと、まず挙げられるのがファンです。たとえば、pcケース内の全体を冷却したい場合はケースファンと呼ばれるものを使います。ケースファンを取りつけると、ケースの前面から空気を入れて背面から吐き出すようになるのでケース内の熱を常に外に出せるようになり、その結果、温度が下がるのです。

このパーツはケースに必ずついているとは限らないので、もしついていない場合はpcパーツショップなどで購入するといいでしょう。ケースファンはハードディスクの温度を下げるのにも役立ちます。というのは、一般的にpcケースはケースファンの真後ろにハードディスクをセッティングするような構造になっているからです。

ハードディスクはデフォルトで冷却装置がついていませんが、実は熱にそれほど強いパーツとはいえません。そのため、ハードディスクの寿命をできるだけ長くしたいのであればケースファンは必須といえるのです。ただ、ケースファンをつけるとどうしても騒音が発生しやすくなります。気になるようであれば低騒音のものを選ぶようにしましょう。基本的に羽が小さくて回転数が多いものよりも、羽が大きく回転数が少ない方が騒音は低く、冷却効果は高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *