自作pcは自由に通信関連規格や各パーツが選べます

同じ飲食店でも俗にいうところのセルフサービス方式の店舗の方がお買い得です。

DIYが世間で流行っているのも、その経済性の良さが背景にあります。まだまだ好景気の雰囲気がない昨今、一般消費者は挙って倹約に努めており、いわゆるコストパフォーマンスの良いセルフサービスのお店を積極的に選んだり、家具や雑貨の自作でお小遣いを上手く活用しています。pcもまたDIYのように自作する事が可能です。家電量販店で買う製品というイメージが根強いかもしれませんが、既に多くの一般消費者が自作を行っています。pcを自作する事のメリットですが、普通に買うよりも非常に経済的です。

スタンダードなマシンスペックのpcを家電量販店で購入すると、およそ10万円前後掛かります。翻って自分でパソコンパーツ選び、ゼロから組み立て行けばその半額位でコストが抑えられます。勿論事前に知識を得たり、自分で作業をする手間は必要ですが、大幅にコストダウンができ更に自分の好きな風に、各パーツを選べるのが長所です。

通信関連のパーツも市販されており、Wi-FiやBluetooth機能を自作パソコンにも搭載出来ます。一般的な通信関連規格である有線LANの端子パーツも勿論搭載可能です。どちらの通信関連規格にするかは自由であり、自宅のネット環境に合わせてチョイスしましょう。いわゆる量産品の場合、マシンスペックが良いも悪いもバランス良く設計されており、限られた予算の中では「器用貧乏」な製品しか選べない事が多いです。DIY同様に自分で製作すればマシンスペックのレベルから自分好みの一台が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *