通信関連製品の中でもデスクトップpcは自作しやすい

デスクトップpcは耐久性に優れて製品であり、大事に使い続ければ10年以上家庭や現場で使えます。

ただ現実問題としてOSのサポート期間が存在しています。サポート期限が終了した物、あるいは殆ど期限に近づいているOSが搭載されたpcについては、早めに買い替えなければいけません。メーカーのサポートが終わった物は安心してネットに接続する事が出来ませんので、スタンドアロンで使い続ける以外、安全に家庭や現場では選択肢がないのです。新しくpcを買いたいけれどお店に並ぶメーカー品は費用対効果が良くないと感じる、自分の予算内では求めるマシンスペックが得られない等、こういったお悩みにぶつかる事があります。

そんな場合は既製品を買う発想から、pcを自作する発想に一度切り替えてみましょう。数ある通信関連のハードウェアの中でも、デスクトップpcは部品と構造がシンプルです。他の通信関連のハード、例えばスマートフォンやタブレットは自作が困難ですが、マザーボードやメモリや電源やCPUなどの部品が簡単に調達でき、いわゆるプラモデル製作の感覚で組めるデスクトップ型なら、普通のユーザーでも充分進められます。

店頭に並ぶ既製品はライトユーザー層を強く意識してマシンスペックが決まっているため、ある程度、通信関連機器を使いこなしてきた方からすると、もう少しCPUを良いグレードにして欲しい、あるいはこの機能が不要なので値段を下げて欲しいといった不満が出る物です。自作なら限られたお小遣いの中で、バランス良く必要な機能にコストをかける事ができ、自分の需要を満たした新製品が、安価な予算がゲット出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *