市販の水素水利用と生成器を購入した時のコスト比較

水素を水の中に溶かしている水素水は、体によくない活性酸素の働きをなくすということで人気があります。
そのため、市販の製品も多く、ちゃんとした製品は、アルミなどの金属製のボトルやパウチ製の容器を使っていますので、その分、価格が高めです。



何故、金属製の容器を使うのかは、ペットボトルのような容器では、水に溶けている水素が自然に抜けてしまうからです。

4meee!の情報ならこちらを参考にしてください。

さて、市販の金属製容器入りの水素水は、200mlから300mlの大きさで400円から500円します。

これは、500mlに換算してみますと、600円から1000円位になりますので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどと比べても高いのがわかります。

そして、これら市販の製品を毎日500mlづつ飲むとしますと、年間では20万円から35万円という金額になりますので、結構な出費といえるでしょう。このように市販の水素水は、飲めば飲むほどお金がかかりますので、普通の水から水素水をつくりだす機器も販売されています。

このような機器は、大きな据え置き型から持ち運びできる携帯型まであって、いまは、特に携帯型の人気があるようです。

水素水に対して関心度が高まっています。

なお、いずれの製品も水を電気分解する時に発生する水素が水に溶ける仕組みになっています。

価格については、数十万円する本格的なものから5万円前後の携帯型まであります。

上記のように市販の製品を飲み続けますと、年間30万円前後かかります。
もし水素水を飲み続ける予定があるのしたら、多少初期コストはかかりますが、生成器を購入するほうが得ではないでしょうか。